2017-08

10年前・・・・・・・

【2/15追記】
皆さん、ご心配ありがとうございます☆

今日、母はラッキーを退院させました。
明日から 私がケアできる日はラッキーを病院に連れて行く生活が始まります。
早速、明日は昼間一日静脈点滴でラッキーを病院に連れて行きます。
午前中、病院に連れて行き、お迎えは夜。
それ以降は私が皮下注射を教わり、毎日ラッキーに注射をし、
週1回くらいのペースで静脈点滴に病院に連れて行く予定です。
この先、どれくらい母の傍にいてくれるか・・・・・・・
今のラッキーの腎臓の数値だと、もうお別れが来ている仔の方が多いとか。
ラッキーは生命力が強いようです^^
母の傍に一日も長く、いられるように 頑張って行きます☆
ありがとうございます☆


最初の仔『樹理』が旅立って行ったのが、ちょうど2月。
10年前の今頃は、毎日泣いて暮らしていた。
10年経って、その頃の思いは私の記憶から消えかけていた。
100214.jpg
10年前はこんなに綺麗に梅が咲いていたっけ?
10年前の2月は樹理の事しか覚えていない。

今日、ラッキーが入院している病院に行ってきた。
今日はラッキーの主治医もいるので、その先生から今後の治療の説明を受けて来た。
1002143.jpg
説明の内容は・・・・・
もし点滴を外したら、1週間くらいで命の灯火は消える。
でも点滴を続けても、その倍までは生きられないかもしれない。
後はその仔の生命力。
この仔の犬生の最後をどうするか、家族で話して欲しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
覚悟はしていた。
でも 言葉ではっきり言われてしまうと涙しか出てこない。
1002142.jpg
今日のラッキーは金曜日より元気がない。
吐き気があるので、食べてないせいか、ふらふらしている。
それでも・・・・・・・・・・・・
母に、私に甘えてくる。
30分くらい面会をして、帰って来た。

母も私も自宅でラッキーを看取りたいと思っている。
でも 家には認知症の父がいる。
母はもし父がどこかへ出かけてしまい、その後を付いている時、
ラッキーが一人で誰にも看取られず逝ってしまうのが一番辛いと。
母と相談した結果、木曜日の夜にラッキーを連れて来て、
その後は毎日通院する事にした。
来週の日曜日はラッキーをどこでどう過ごさせるか、まだ決めていない。
ラッキーには一日でも長く母の傍にいて欲しいけど
苦しむようであれば、早くお迎えが来て欲しいと思っている。

今、私は前の仔『樹理』とのお別れの時と、
今のラッキーとを重ね合わせてしまい、涙が止まりません。
実家の『ミッキー』を見送り、『樹理』を見送り、そして今『ラッキー』
後、数年すれば朱理ともさよならをしなくてはいけない。
神様から『預かった命』だから、神様に『お返し』しなければいけない。

ラッキーとの残された時間を母と大切にしていきたい。
そして、朱理藍理との時間も大切にしていきたい。
皆様もワンズ・ニャンズとの時間を大切に過ごしてください。

● COMMENT FORM ●

つらいですね。
一度しか会っていない私でも最初に読んで
から落ち着くまで時間かかりました。
お母さん、朱理ママさん・・・・・
どう言っていいか分かりません。
ただ、ワン仲間の仔、同じように言われて
家で点滴しながら1年近く大丈夫でした。
ラッキーの生命力ですね。

樹理ちゃんも2月だったのですか。
この頃人より、ワンコのお別れがつらく
感じます。

なんて言っていいか分かりません。
ただラッキーはじめ、みなさんのこと
祈っています。

お返事のコメントいりません。
ブログ読んでいる人達が祈っていることを
お伝えしたかっただけです。
これ書きながら涙です。

ごめんね、syurimamaさん、私もこういうのつらいです。
だから、本当に心から快方に向かうことを祈らせてくださいね。
こんな時、たぶん皆さん考えることは一緒。
自分のうちの子達のことのように心が痛みます。
ラッキーさん、どうか少しでも痛みがやわらぎますように。
そして、ご家族の元で少しでも長く過ごせますように。


どうか、

人を看取る覚悟、動物を看取る覚悟をする時、苦しまずに穏やかに…が一番の願いですね。
4~5年前にフェレットを看取りましたが、病院で人を看取るのとは違い、医療器具が無い自宅では、どーしたらよいかわからずアタフタしてあっという間に…というパターン。そういう時って何も出来ないなっと、つくづく思い知らされました。
ラッキー君が、自宅で過ごす事によって生きるパワーになり、一日でも長くミンナの傍に居られますよう祈っています。

そうですかぁ・・・
少しでも楽に居られますように。

メルも咳が日によっては回数も増えて来たし
残りの犬生がいつまで続くのか?
大切な時間だと改めて感じさせられていた所です。

病院ではなく、
みんなの中で静かに過ごせるのが ラッキーくんには幸せですもんね。
奇跡が起きる事を信じています。
動物本来が持つ 自然治癒力を・・・
ぜひ 信じてあげましょう。
辛いでしょうが、大好きな物をひと舐めでも
良いので食べさせてあげて~

doctorの見解は 100%とは限りません。
先生も間違えることあるんだから・・・

お返事要りません・・・

先月末、父を母の元へ見送りました。
時々何気ないことで思い出しては勝手に涙が出てきます。
別れってどう頭で理解してて納得したつもりも、心ではまだまだです。

悲しいけど、ラッキー君が最後まで幸せな気持ちでいれますように。


お母さんもきっと悲しくて辛いよね、お母さんのことも心配です。

私も奇跡を信じ 祈っています。
一緒にいられることの幸せをきっとラッキーくんも感じてくれると思います。
そんな時間が長く続きますように…

◇楽ママさん
ご心配、ありがとうございます。
さすがに昨日はショックでした。
分かっていても、実際言葉で言われると・・・・

実は母は今日、ラッキーを連れて帰りました^m^
母の気持ちも分からなくはないのですがぁ・・・・・
ラッキーは家に帰って安心した様子です。

樹理の命日は19日です。
19日、未明に旅立ちました。
あの頃の事を思い出してしまい、辛いです。
 
今日、病院で久しぶりにMダックスのお友達に会いました^^
年齢を聞いたら(あまりに久しぶりだったので^^;)・・・・・
な、なんとぉ 16歳(@@)
それなりに白内障とかはあるようですが、その他の命に関わるような病気はないそうです^^
そして、元気ですっ!
その仔には長生きして欲しいし、
朱理藍理にあやかりたいです☆

◇あじゃぽんさん
ご心配、ありがとうございます。

本当に自分の仔に置き換えて考えると胸が張り裂けそうですよね。
今回はラッキーですが、次は朱理。
順番で仕方がないのですが、辛いです。

こうやって皆様に心配していただけるラッキーは幸せです。
ありがとうございます☆

穏やかに穏やかに・・・・・
苦しまずにその日が来るまで母の傍で
優しい時間を過ごして欲しいです。

◇みーなさん
ご心配、ありがとうございます☆

看取る覚悟って何度経験しても 慣れるものじゃないですねぇ・・・・・・
自分より年上であれば、それなりに理解も出来るのですが・・・・・・
ワンズは必ず自分より下で、幼くて・・・・・
なかなか受け入れが難しいですねぇ(苦笑)

やはり ラッキーの残された時間を出来るだけ母の傍で過ごさせたいと 母は今日ラッキーを退院させました。
私も賛成です。
無意味な時間の中で 一人で過ごすより、
ラッキーは多分母と過ごす時間を選ぶと思う。

穏やかにその日を迎えられたらって思っています。

私もラッキーくんの生命力の強さを信じています。
ご家族のそばで過ごせるのがきっと一番安心できるはず。
奇跡が起きることを祈っています。
syurimamaさんも大変でしょうががんばってくださいね。

◇メルママさん
ありがとうございます。
私もラッキーが母の傍に一日でも長くいられるようにって思っています。

メルちゃん、14歳で頑張っていますよね☆
ラッキーにもメルちゃんを見習って欲しいです(笑)
メルちゃん、頑張れ~~~!

ワンズは集団の生き物だから 群れの中で最後を迎えられるのが一番だと思います。
私の前の仔も私を呼んで、抱っこをせがんで、私の腕の中で逝きました。
ラッキーにもそうしてあげたいです。
みんな、そう思っていますよね。
でも中には働いていたりして、そうできない人もいる。
そんな人たちより母は幸せです。

本当にありがとうございます☆

◇happyさん
そうですかぁ・・・・・・
お父様、逝かれましたか・・・・・
お父様のご冥福をお祈りいたします。

父は要介護度もあがり、いつホームに入ることになるかって状況です。
そんな中でのこのラッキーの状態。
母の気持ちを考えると・・・・・
仕方がないのですが。
だから母がしたい様に出来るだけ、母の気持ちを尊重してあげたいって思っています。

きっとラッキーは最後まで母の傍で幸せにしていてくれると思います。
ありがとうございます☆

◇さきちさん
ありがとうございます。

母とラッキーが穏やかな時間を少しでも長く過ごせるように
私は努力を惜しまないつもりです。

とにかくラッキーには苦しんで欲しくない。
それが母と私の願いです。

◇まりんママさん
そうですよね・・・・・・
ワンズは家族と一緒にいるのが一番幸せ☆

母も昨日ラッキーを連れて帰って来て、落ち着いたって言っています。

私の心配までしていただいて・・・・・
本当にありがとうございます。
私は
母とラッキーのために出来るだけの事をしたいと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syuriairi.blog6.fc2.com/tb.php/1054-89221f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

緊張?! «  | BLOG TOP |  » 思う事。

プロフィール

syurimama

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にほんブログ村 犬ブログへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック(記事毎)+

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

ブログ内検索

RSSフィード

いくつになったの?