2017-10

父の病院

父は7年くらい前から地元の大学病院に通院している。
母が父を連れて行っていたので、当然認知症の専門医がいると思っていた。
ところが・・・・・・・・・・・そうではなかった(>_<)
少し前にケアマネージャーに相談した時、初めて知った。
地元で認知症の専門医がいる病院はたったの3つ。
その中の一つの病院に予約をして、父を連れて行った。

10時に予約。
今後のケアプランのため、ケアマネージャーも同席してくれた^^
本来であれば今日は外来をしていない日だが、特別に外来をしてもらえた。
医師と父を含めた診察、面談は なんと1時間(@@)
途中で父は不穏になり、私が連れ出したり、検査をしたりしたが、
医師との話が終わったのは診察開始から1時間後。
こんなに丁寧に診てくれる病院があることに感激☆

病院の方針なのか、母に父の認知症の度合いをはっきり告げた。
重度の認知症。
母はそれなりにショックだった。
今までの大学病院では正確な病名さえも教えて貰っていなかった様子。
それでも父の病状を知ることにより、施設に入れなくてはならない日の心の準備も出来る。
病名を 病状を 家族にはっきり告げるのは大切な事だと思う。
1004142.jpg
父の病状で困っているのは不穏になること。
それを押さえる薬を出していただいた。
ただ
不穏になる事を押さえることは出来るかも知れないが、
その反面、嚥下がちょっと難しくなるかもしれない。
薬には副作用があるものが多くある。
その副作用と効き目を考えて、薬を使っていくことになると思う。
次回は2週間後に家族だけで医師に会いに行く。

今日、私は初めて認知症の診察に立ち会ったけれど
こんなに丁寧に診察をしてもらえる病院に出会えて幸せだと感じました。
もし、
ご家族に認知症の方がいたら、病院に診てもらっている方がいたら、
その病院の担当の医師が認知症の専門医か確認をした方がいいかもしれない。
自分の無知を悔いた日でした。
これで少しでも父が合う薬と出会えて、残りの人生を穏やかに暮らせれば
母と穏やかに過ごせれば、それで良い。。。

トラックバック

http://syuriairi.blog6.fc2.com/tb.php/1084-8260ac0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四十九日。 «  | BLOG TOP |  » 我が母・・・・・・(>_

プロフィール

syurimama

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にほんブログ村 犬ブログへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック(記事毎)+

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

ブログ内検索

RSSフィード

いくつになったの?