Blue Moon ~エニシとキズナ~

キャバリアとして3頭目、不思議な縁で出会った夕理。夕理の成長と日常を綴ります。

いろいろ。

土曜日は朱理の『なんちゃってフライボール』
日曜日は・・・フォトマスターの試験。
これが難しかった(>_<)
今まで見たことない単語がたくさん^^;
例えば『過焦点距離』
こんなの知ってますかぁ?
答えは「レンズには被写界深度があるが、徐々に遠くの被写体に焦点を合わせていくと、被写体の後側深度の端がちょうど無限遠になる距離がある。このときの距離、つまり無限遠が被写界深度に入る一番近い撮影距離を過焦点距離という。」
当然知りません・・・・
年々難しくなってはいるけど 何でも今年の合格率は35%を目指しているとかいないとか^^;
まぁ、不合格間違いなしっ!(苦笑)
来年、頑張ります☆
101123.jpg
フォトマスターの試験が終わった後、朱理藍理のお散歩をしていた。
子供達が寄ってきた。
その中の一人が『ジャックラッセルテリア』を連れていた。
ジャックラッセルは気が強いし、難しい犬だから少し警戒をしていたが・・・・
そのジャックラッセルのリードを持っていたのは小学校低学年の子。
油断だった・・・・・
リードをもった子はジャックラッセルに引っ張られて・・・・
藍理に突進して、軽く噛み付いた(>_<)
慌ててジャックラッセルのリードを引いたけど・・・・
藍理は震えている(>_<)
その子と話をしたら、
自分の家の犬ではないとの事。
小学校低学年の子に 自分の家の子でない子に
犬を託す大人の顔を見てみたいと思った。
近所だったので、藍理も怪我がないので、
事を荒立ててもと思い、そのままにした。
しかし・・・・・・
その後、ジャックラッセルの飼い主からの謝罪は一切ない。
信じられない。
悲しい出来事でした。

そして今日。
まずは父の所へ。
父のご機嫌はまぁまぁ。
なんでも昨日車椅子から立とうとして転倒し、頭を打ったそうだ。
そのため48時間はベッドで安静を強いられていた。
認知症専門の精神科医は言った。
『認知症で大腿骨骨折をした方が立って、歩けることになるのが、本当に幸せだろうか』と。
歩ければ徘徊が始まり、
父のように中途半端だと 車椅子からの立ち上がり時の転倒が考えられる。
そうであれば車椅子の上で、車椅子で好きなように動いていた方が安全だし、
家族にとっても 看護をする方にとってもリスクは低いと思われる。
難しい。
1011232.jpg
父へ会った後は弟の病院へ。
お陰さまで弟は元気☆
今日は弟にホメオパシーのレメディを届けに行った。
1011233.jpg
実は私もストレスにつぶされそうなので、ホメオパスに相談をした。
その時、ついでに(笑)弟の事も相談した。
私にとってホメオパシーのレメディはとても役に立ってくれる。
私の思いを 弟にも と ホメオパシーのレメディを届けた。
その時、とても嬉しいことがあった。
病室の看護士さんが 弟に『娘さんが来たわよ』って言っていた^m^
ありがとう、看護師さん☆
とても嬉しかったです♪
でも
私っていくつに見えたのだろ?(爆)
syurimamaの日常 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<びっくり(@@) | ホーム | いちょう祭り~警察犬防犯活動実演~>>

コメント

藍理ちゃんたいした事がなくてヨカッタです!!
震えてた藍理ちゃん、きっとすごく怖かったよねぇ…
自分の家のワンコを小学生の子に託すという飼い主は間違ってるよ!
ワンコの性格を考えてないし、小学生に話を聞いただろうに
何も言ってこないというのもどうかと思うわ。

認知症の方がいるご家族で自宅介護をされている方は本当に大変だと思います。
ワタシの病院では、何人か家族の目が届かない徘徊で交通事故に遭った方がいます。
寝たきりになっても負担は大きいし、どっちがどうというのは難しいけれど…
徘徊されると他の方に迷惑がかかる場合があたりするので…
本当に難しい問題ですよね。
うまく言葉に出来なくてすみません。

syurimamaさんはお若いのですね!
2010-11-24 Wed 09:03 | URL | まめ [ 編集 ]
朱理ママさん、こんばんは。

藍理ちゃん、お父さん、弟さん
それぞれ、良かったですね。
本当にいろいろとありますね。
お疲れ様です。

弟さんもホメオパシイでいい方向に
いくこと願っています。

徘徊・・・
私の友人も何人か苦労しました。
探している時に流産したことも。
以前、藍理ちゃん連れてどこかに
行かれてしまったことありますよね。
藍理ちゃん心配でした!
世の中、人間優先ですからね~。

皆皆さまご自愛を~❤
2010-11-24 Wed 21:23 | URL | 楽ママ [ 編集 ]
◇まめさん
はい、不幸中の幸いで 藍理に怪我もなかったです。
>自分の家のワンコを小学生の子に託すという飼い主は間違ってるよ!
私もそう思いますっ!
だって、犬って10歳くらいまでの子は下って思うっていうし、
それにジャックラッセルに引っ張られているなんて、信じられないっ!@怒

田舎だから 犬が犬を噛んだくらい何? って思っているのかもです。
こっちはしつけを入れる人の方が少ない@悲
だからボランティアの参加も少ない@嘆

認知症は本当に大変。
父がまだ家にいた去年一昨年はナビで父を捜しました。
去年の12月31日の夜・・・・・
私と母は父を捜して・・・・大変でした・・・
それでも 事故に遭わなかったことに感謝です。

>syurimamaさんはお若いのですね!
アハハ・・・・・・^^;
ありがとうございます☆
2010-11-25 Thu 21:43 | URL | syurimama [ 編集 ]
◇楽ママさん
ホント、次から次へと色々起こってくれます^^;
来年は良い年になると良いなぁ・・・・
でも 駄目みたい^^;

今夜、弟から連絡があり、レメディを摂るとよく眠れる、
落ち着くって言っていました。
ホントに不思議です☆

徘徊。
おじいちゃんも徘徊をしていました。
それを見ていた私は 多分皆さんより驚きもなく
、淡々と父を受け入れていると思います。
それに 老健でのボランティアももう10年以上だし・・・・・
良いのか、悪いのか、受け入れてはいます。
でも
あの藍理の連れ去りの時は青くなりました。
そして、母をなじりました@反省

楽ママさんもご自愛くださいね☆
2010-11-25 Thu 21:48 | URL | syurimama [ 編集 ]
藍理ちゃん怪我はなくてよかったけど
震えてたなんてかわいそうに。。。
何も言ってこない飼い主。。。まぁ
他の子に犬を預けるくらいなんだから
それもジャックラッセルを!!
そんなもんなのかも。。。本当悲しいですね
チャッピーも以前柴犬が近寄ってきたので
私ちょっと苦手だったんですが飼い主が
向こうから来るんだし大丈夫なんだと思っていたら
いきなりガブッって!!着ていた服に穴があきました
そんな子近づけないで!!って思いました
その飼い主も悪びれた様子もなく帰っていきました(涙)

↓朱理ちゃんイベント参加お疲れ様でした!!
あ~仕事じゃなかったら見に行きたかったです
写真もなくて残念ですね
↓↓クリスマスリース素敵♪
私も今年は同じように上半分のリースに
挑戦してみようかな~なんて思いました
2010-11-26 Fri 12:22 | URL | しーはっぴー [ 編集 ]
試験、お疲れ様でした!
syurimamaさんのお話を読んでいるるだけでも
難しくて私なんか頭がクラクラしてきちゃいますよ(笑)

藍理ちゃん、ホントたいしたことなくてよかったですね(*v_v*)
ペット大国日本とか言われて久しいですけど
まだまだ、基本的なことというか
常識が常識となっていない場面にでくわすこともあって
そういうときって、心がしぼみますよねぇ・・・
2010-11-26 Fri 15:49 | URL | aki [ 編集 ]
◇しーはっぴーさん
お陰さまで藍理に怪我はありませんでした。

>何も言ってこない飼い主。。。
しーはっぴーさんが言うように 
他人の子に犬をしかもジャックラッセルを託すような方だから 
犬が犬を噛んだくらいなんでもないのではって思っています。
そういう人がいるから、『だから愛犬家は!』って言われるのですよね@悲

チャッピー君も怖い思いをしたのですね(>_<)
朱理藍理も何回か噛まれたり、追いかけられたりしています。
大体そういうワンズの飼い主は自分の仔が何をしても 平気・・・・
平気だからしつけもしない。
困ったものです。

いちょう祭りのイベントは楽しかったです^^
トレーナーもカッコよかったですよぉ♪
機会があったら次は是非☆

クリスマスリース、良いですよね~
しーはっぴーさんは器用だからきっとステキに作るのでしょうね^^
作ったら是非ブログにアップしてくださいね~♪
2010-11-27 Sat 20:22 | URL | syurimama [ 編集 ]
◇akiさん
フォトマスターはホント難しかったです(^^;
こんなの分からなくて良いですよね(苦笑)
来年、また挑戦します(笑)

お陰さまで藍理に怪我はなかったです。
ホントペット天国なんて言われているけど
先進国から見たらまだまだ・・・・
聞いた話だと 
イギリスのブリーダーは日本の現状を嫌って、
あまり輸出したがらないそうです。。。
早く本当のペット大国になって欲しい。
そのために先進国のように犬を飼ったら、
しつけ教室に通うのを義務とすれば良いのにって思っています。
2010-11-27 Sat 20:26 | URL | syurimama [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |