2017-10

ハンドリングの難しさと楽しさ

先週はお休みしてしまったが、昨日は朱理藍理の訓練だった。

いつも訓練をする場所は河原。
昨日は河原の草刈りをしていて、あの草刈り機の音がかなりうるさかった。
まずは藍理。
対面からの脚側停座の位置はまずまず覚えた様子^^
110611.jpg
課題は脚側行進中の復路の速歩時のコーナー。
ずっとこれが課題だけどしっかり成長もしている。
随分良くなった。
あっ、随分良くなったのは私のハンドリング^^;
今まで藍理にかぶっていたので、藍理が離れていたし、
藍理が離れると私が寄っていたので、藍理がもっと離れていた。
ハンドリング、私の身体の位置気持ちを変えることで
藍理がずっと良くなった(笑)
1106112.jpg
前回の訓練の時、トレーナーに藍理はきつくハンドリングした後は
優しくしないと固まってしまうと注意をいただいた。
今日はそれに注意してハンドリング。
そうしたらぁ…
しっかり指示に従ってくれた♪
やっぱり悪いのは わたし…
1106113.jpg
藍理と息がぴったり合った時は、何も指示をしなくても
私が思っている通りに動いてくれる^^
これが気持ちが良い☆
一体感がたまらない。
この一体感をいつも味わいたい。
だからトレーナーが見てもおかしくないところでも
私は不満になってしまう(笑)
それをトレーナーに話したら、
「それでいい。それがあるから楽しいし、成長もする」
要は私が成長をしたって事らしい(苦笑)
1106114.jpg
次は朱理。 朱理も成長をした♪
(って事は私が成長をしたって事?)
1106118.jpg
前はゆっくり歩くとテンションが低くなって、どんどん遅く(ゆっくりではないです)なった。
それが今はゆっくりでもテンションを保つことが出来る^^
1106117.jpg
トレーナーや私にしっかり集中することも出来る♪
あのビビリィの朱理がねぇ…@感激
朱理の課題は脚側行進のターン。
このターンが上手くいけばそれなりに行く。
ここが駄目だと離れてしまう…
1106115.jpg
なかなか難しいです、ハイ。
1106116.jpg

【フライボール】
藍理の順番の時、テンションが高いポメが2頭来た。
藍理が気にして行こうとしたが、呼び戻しがしっかり出来た。
でも、藍理さぁ、最初から無視してよ!
そのポメのうちの1頭が乱入(>_<)
もちろん、飼い主は呼び戻しもしない。(こんなのは慣れている@怒り)
私は藍理を抱きかかえ、そのポメを捕まえた…
飼い主はお詫びはしなかったけどお礼は言った。
お願いからコントロールが効かない仔は放さないで欲しい。
自由にさせたいのなら、呼び戻しはしっかり出来るようにして欲しい。
犬が苦手な仔もいるんだからそれを分かって欲しい。

この騒動が終わって藍理のフライボール。
気持ちがどのくらい戻るかと心配したが…
完全ではなかったが、それなりに^^;
これも藍理の課題です、ハイ。
今日はなぜか帰りのハードルをスルーすることが多々あった。
ワンコ乱入の影響なのか?
それとも全く違う理由か?

朱理。
朱理は凄かったっ!
ボックス(ボールが出るところ)に誰も立たず、
私の声だけで、ハードルを飛んで、そしてタッチして、
ボールをくわえて帰って来たぁ~~~♪
凄くないですかっ!
最初フライボールを始めた時はボールの持来が出来なくて(泣)
フライボールがしたいと言って、
一緒に始めたお友達はたったの10回で諦めて止めてしまった。
朱理の訓練を始めてからの成長を分かっていたので頑張った^^
そして、頑張った甲斐があった♪
成せば成るものです☆

私は声を大にして言いたい。
最初から何かを出来る仔は少ないです。
後は飼い主が根気よくあきらめずにすれば
朱理藍理のように時間がかかっても
絶対に出来るようになります。
「うちの仔は出来ないから…」って
どうか言わないで、あきらめないでください☆
そして、年齢でもないです。
(もちろん体力的な問題はあると思います)
朱理は11歳と6か月で新たな事が出来るようになりました。
ワンズは無限の才能を持っています♪

● COMMENT FORM ●

朱理さん、藍理さん、そしてmamaさん、
相変わらず頑張ってますね(^.^)
朱理藍理さんの、キラキラした瞳が
なんともいえず、美しい♪

↓記事、信じられないくらいヒドイですね…
転院できて良かったです。
入院してて褥瘡や硬縮がでるなんて
ちょっと考えられない。
私も怒り心頭です・・・

やったねぇ~♪
楽しいのが伝わってきます(●^o^●)

↓のこと・・・
本当に信じられないです。
転院出来て良かったですよぉ~
お父様 今後笑顔が沢山増えますように
どうか どうか・・・
少しでも楽しく笑顔で過ごしてほしい

ママさん 朱理ちゃん達から
沢山の笑顔貰ったのだから、
笑顔のお裾分けしてあげてねぇ♪
ファイトですよ~

私も今日トレーニングしてきました
出来てないのに褒めてトレーナーに怒られましたが。。。
藍理ちゃんきらきらな笑顔ですね♪
朱理ちゃんの真剣な眼差しも素敵!!!
チャッピーに見せたいわ~

↓まだまだこんな病院があるなんて。。。
同業者として恥ずかしいです
お父様に笑顔が戻ってよかったですね

◇衛星班長さん
朱理藍理、そして私♪頑張ってます^^
朱理藍理の瞳がキラキラしているのを
分かってくださってありがとうございます☆

父の入院していた病院って酷いでしょ?
でもこれが老人医療かもしれません。
私が父の年になったら
良くなっているのでしょうか?
私はもっと悪くなっている気がします…

一緒に怒ってくださってありがとうございますっ!

◇メルママさん
はい♪
朱理藍理との訓練はめちゃくちゃ楽しいです♪

父の事、ありがとうございます。
認知症になったら 
この国『日本』では『人』としての扱いは望めません。
とても悲しいです。

私たちが父の年になったら
状況はもっと悪化している気がしてなりません。

それでも
私は朱理藍理の笑顔で、
父は母の笑顔で頑張っていきます^^
ありがとうございます☆

◇しーはっぴーさん
チャッピー君も訓練したのですね♪
確かに褒めるタイミングって難しいですよね^^;
出来てないのに褒めてしまうそのお気持ち、わかります。
焦らずじっくりチャッピー君の成長を楽しんで下さい☆

しーはっぴーさんはお仕事柄、これがどんなに酷い事かより分かっていただけますよね。
認知症って言うだけで受け入れてくれる病院がないのが一番の問題だと思います。

認知症になってしまったら、『人間』扱いされないこの国の医療制度。
どこに怒りをぶつければいいのでしょうか…

(認知症の介護の大変さは身に染みて分かっています。
だからその分点数を加算できる仕組みが必要って思っています)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syuriairi.blog6.fc2.com/tb.php/1239-7a17ede5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悲しみと怒り «  | BLOG TOP |  » 酷い話。

プロフィール

syurimama

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にほんブログ村 犬ブログへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック(記事毎)+

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

ブログ内検索

RSSフィード

いくつになったの?