2017-04

弟がいた病院へ

弟がいなくなり、4週間が経った。
もう4週間なのか、それともまだ4週間なのか…
120127.jpg
やっと今日は母と二人でお世話になった病院へお礼の挨拶をしてきた。
弟は最後を迎えた病院で4名の医師にお世話になっていた。

ロビーで医師の一人を待っていると…
「○×さんのお姉さんですよね?」と声をかけられた。
その方は弟と同じ場所に住んでいたと。
その方から 弟の世話になった事、弟の訃報をしってショックだった事を聞いた。
そして
「お墓参りに行きたいので場所を教えて欲しい」と言われた。
嬉しくて、嬉しくて
そして
悲しくて…
泣かないつもりだったのに泣いてしまった。

担当の医師とナースステーションの方とお会いした。
その医師は…
「年末でお休みだったのでお見送りが出来なかった。だから来ていただいて良かった」と。
そして、
「弟からたくさんの事を教えて貰った。残念です。」
「素晴らしい人が逝ってしまって、どうにもならない人が…」と。
弟は最後は素晴らしい人間になった。
本当に誇りに思える、私が一生かかってもなれない人になった。
でも最初は酷かった。
だから…
私はその医師に 「時間が限られているから成長が早いのかもしれないですね。」
「普通の人はゆっくりゆっくり時間をかけて成長するのかもしれない」ってお話をさせてもらった。
その医師も  「そうかもしれませんね」って言っていた。

一緒に来てくれたもう一人の方(弟の生活を良く知っている)からは…
「最後の入院する前は○×さんの人生は充実していたと思いますよ。」って言ってもらえた。
その言葉を聞いて、なんだかあたたかくなった。
私の知らない弟は自分の人生を自分なりに楽しんでいたんだって知って嬉しくなった。
ありがとうございます。

私は弟が感謝をしていた事、私の感謝を伝えるのが精一杯。
また、泣いてしまった。
弟よ、ごめん。
1201272.jpg
次の医師に会うのを待っていると また声をかけられた。
その方は病院で働いている方で、顔は知っているが話したことはない。
「最近、会わないけど調子が悪いのですか」って。
12月29日に旅立った事を伝えると 絶句し…
「残念です…」って。
弟はその方に自分の命は短い事、自分は死んでいくからそれでいいけど
家族が大変だって家族を心配していることなどの話をしているのを知った。
その方は
「彼は自分の命が短い事を知っていながら、明るくいつも笑顔だった」って話してくれた。
そして、何度も何度も「残念です」って言ってくれた。
とてもとても嬉しかった…
ありがとうございました。

次に会った医師は弟の最後を看取ってくださった方。
その医師は私が病院に向かう途中に電話をくれた。
その医師からの電話の少し前には母と電話で話していた。
それなのに その医師からの電話は鳴らなかった。
内容はもちろん弟が「危ない。間に合わないかもしれない」って事。
その医師が残した留守番電話のお知らせの時は電話は鳴った。
もし、その電話に私が出ていたら、かなり動揺していたはず。
なんで鳴らなかったか、不思議。
その話を医師にすると 「・・・・・・」だった。
弟は私が傍に行って、ほんの10分くらいで呼吸が止まった。
その話になった時、私は思わず「私を待っていたんです」って言い切ってしまった。
医師も 「そうかもしれなですね…」って言ってくれた。

弟の最後はあっさり苦しまずだった。
呼吸が止まり、モニターが「0」を示しても医師は待っていてくれた。
私たちが納得するまで待って 「もう良いですか」っていって機械を止めた。
その上、弟にすがって泣いている母の傍に立って、暫く待っていてくれて、
「お母さん、確認させて下さい」って言葉をかけてくれて、
弟の死を確認してくれた。
本当にこんな気持ちのあたたかい医師が世の中にいるんですね。
感謝です。
私はやっぱり感謝の気持ちを伝えるのが精一杯でした。
1201273.jpg
この日、最後に会った医師は28日の夜、弟と私と3人で話をした方。
やはりこの医師も弟が成長して、立派になって逝った事をたたえてくれた。
ここでもやっぱり涙とお友達の私でした。

改めて弟は素晴らしい方に支えられて、立派に生き切れたんだった感じました。
そして、弟はそんな素晴らしい方を惹きつける何かを持っていたんだって…
本当にお世話になり、ありがとうございました。
心から感謝しています。

もう泣かないつもりだったのだけど泣いてしまった。
まだ、今日会えなかった弟の感謝を伝えたい方が二人いる。
そのお二人に会う時は 泣かないように頑張りたい…
弟よ、この情けないおねえを許して。

トラックバック

http://syuriairi.blog6.fc2.com/tb.php/1280-86a49be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

法要 «  | BLOG TOP |  » 涙の誕生日

プロフィール

syurimama

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にほんブログ村 犬ブログへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック(記事毎)+

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

ブログ内検索

RSSフィード

いくつになったの?