Blue Moon ~エニシとキズナ~

キャバリアとして3頭目、不思議な縁で出会った夕理。夕理の成長と日常を綴ります。

肺水腫 Ⅰ

ID:i191pm
2014年11月29日(土)のことだった・・・・

その日は朱理の腎臓の検査で病院に予約を入れていた。
だから朱理だけを連れて行けばいいはずだった。

朝から藍理の様子がおかしい。
喉に何かがつかえたような咳払い。
最初は食べ物が喉に引っかかったのかなって思い、
様子を見ていた。
午前中、数回同じような咳払い。
そして、元気がない(>_<)
藍理の胸のあたりを抱えたら・・・
「クゥ・・・」というような苦しそうな声。
それに呼吸が荒い。
普通ではない状態だった・・・
20150124.jpg

病院には、朱理藍理を連れて行った。

先生は、藍理の状態を見るなり、
「咳をしています」
「すぐ検査をしましょう。少し預かります」
と言って、藍理の検査を始めた。

同時に朱理も腎機能の検査のため、先生へ預けた。

待っている時間がやけに長く感じた・・・・


やっと検査結果が出た・・・

肺水腫を起こしています。危険な状態です。心不全です。」

頭が真っ白のなった・・・

「今すぐに治療を始めますが、いいですか?」と
ニトロなどの注射器を用意していた。

もちろん、断るわけがない・・・

「これから利尿剤、強心剤を投与し、まず肺に溜まった水を抜きます」
「後で呼びますから待合室で待っていてください」

はい としか言えなかった。
201501242.jpg

テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット

藍理 | トラックバック:0 |

トラックバック

| ホーム |