抜糸と病理組織検査結果

syurimama

-
昨日、朱理の抜糸と病理検査の結果を聞きに病院に行ってきた。

抜糸は無事終了~☆

201506142.jpg

朱理の傷口は、1回も消毒液で消毒をしていない。
理由は、消毒液を使うとせっかく出来た(上がってきた)細胞を殺してしまうから。

最初の3日くらいは水道水での消毒のみ。
その後は、強アルカリ水↓での消毒のみ。

201506145.jpg

しっかり綺麗に傷口はついていました♪
そして、

先生は・・・・・

『もう、毛が生えてきている』

とびっくりしていました♪

抜糸の後は、病理検査の結果。

【診断名】 低悪性度の肛門周囲腺

【所見】
腺腫細胞の異型性は軽度から中程度であり、核分裂像が散見されます。
腫瘍細胞の明らかな浸潤性増殖は確認されません。脈管内浸潤も確認されません。

【コメント】
総合的判断で悪性に分類されます。
このような低悪性度の肛門周囲腺が転移を起こすことは稀ですが、
暫くの間は経過観察をお勧めします。

という、3枚からなる書類をもらった。
主治医の見解は、

は十分に取りきった。
浸潤もないので、これで終了。
ただ、心臓の検査時、肺への転移を経過観察しましょう。』

というものでした。

201506143.jpg

これで、肛門周囲腺については、すべて終了~♪

良かったね、朱理☆