仕方ないのかもしれないけど・・・

syurimama

-
日曜日、朱理藍理をホリスティック治療に連れて行った。

いつものようにまず、オゾン治療から。

その後、朱理から鍼灸をして貰った。

この前、朱理藍理の乳腺種を見つけてもらった。
その後、いつもの動物病院で藍理の細胞診をした。
その結果は、やっぱり乳腺種
通常、乳腺種と言われたら、良性で悪性ではないそう。
(って私ははっきり聞いていない@反省)

鍼灸の前にしっかり身体のチェックをしてくれる。
経路の確認があるので、それは、動物病院以上。
そのため、いつもいつもここで おできなどを見つけてもらっている@感謝
朱理の肛門腺腫もここで見つけてもらった^^

で、
朱理の乳腺種が増えていた。
しかも
大きい。

これ↓が、この前見つけてもらった乳腺種
20151103.jpg
大きくはなっていない感じ。
まだ、細胞診をしていない(>_<)

そしてこれが今回見つけてもらったもの。



201511032.jpg

大きい(>_<)
1か月くらい前はなかったもの。
いつできて、いつこんなに大きくなったのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飼い主として、反省しています@滝汗

次回、藍理の定期検診に行く時、一緒に朱理の細胞診をしてもらいます。
でも
もし、悪性のものであったとしても
何もできない。
だから、検査の意味があるのかホリスティック獣医さんに聞いてみた。
そしたら、


『もし、悪性のものであった場合、抗がん剤治療はしないとしても
サプリなどでのケアができる。
それと、心臓の様子(肺)がおかしくなった場合、
本当に心臓自体が悪いのか、
それとも
癌が転移したのかなどの見極めがしやすい』


だから検査をしておいた方が良いと言われた。

納得が出来たので、検査を受けることに決めた。
朱理藍理の避妊は比較的遅かった。
多分6歳くらい。
だから乳腺種のリスクは高いことは承知している。
そして、
前の仔も乳腺種(多分悪性)で逝ってしまった。。。

年齢的に仕方ないのは分かっているけど
なんだか切ないです。

朱理は、ずいぶん鍼に慣れて、
気持ちが良いのがわかってきたみたい♪

20151103 (2)

今回、初めて一回もブルブルをせず、大人しくしていた^^
それに、
初めて少しだけど伏せをして、
くつろいでいた@嬉しい^^

201511035.jpg

これ↑が朱理藍理に乗せるお灸。
人間用と同じ感じ・・・・・・

次は藍理。
藍理はいつものように・・・・・・♪

201511034.jpg

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このまま30分お休み☆
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

201511036.jpg

一回鍼を取った後、
再度鍼をして貰った^^

201511037.jpg

この後、ホノトキシコロジーの注射をしてもらい、終了☆

朱理藍理ともに大満足♪
鍼灸をして、帰ってくると二人ともすごく元気^^
その姿を見ると
治療して良かったなぁって思う^^



メルママさんへ メルアドを教えてくださいませ~