主治医へご挨拶

syurimama

-
早いもので、朱理が旅立ったから、1か月が経った。

私は、命日よりも5/17、旅立ってから4週間目が
とてもとても辛かった。
悲しかった。

あんなに立派に生きたのだから、
感謝しかないけど
それでも
寂しい・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日、朱理の主治医にご挨拶に行った。

201705212.jpg
※写真は、4/5の朱理です。お口の周りがご飯で汚い^^;

朱理の主治医は、循環器の専門医で、藍理も最初は診ていただいていた。
藍理が肺水腫を起こして、4か月くらい経った時、
交通事故にあい、去年の3月くらいまでお休みをなさっていた。

主治医にお世話になったお礼をした。
もう1か月も経っていたので、泣かないと思っていた。
でも


駄目だった。


情けないな。

201705821.jpg
※4/15の朱理です。


主治医は
朱理は本当に頑張った。
朱理と私を讃えてくれた。
本当に頑張った と。

嬉しかった。
朱理も私も精一杯頑張った。

そして、
朱理藍理は本当に可愛い仔だった と。


そして、
私に


犬をまた飼うように。
朱理藍理のような仔を
育ててください。


そう言っていただけた・・・・・・・・・・・・・・・・


嬉しかった。
嬉しかった。
本当に嬉しかった。


主治医に感謝の気持ちを伝えにいったのに
また
癒して貰えた・・・・・・・・・・・・・・

先生、ありがとうございました。

Posted bysyurimama