2017-10

コーギーに襲われた後遺症(>_<)

今日は訓練だった。
朱理藍理は訓練の前にお散歩をさせる。
今日は雨なので・・・・・・朱理は嫌がる・藍理は平気。
親子でもこ~んなに違う^^;
まずはレインコートを車の中で着せて・・・・・それからGO~♪
060901.jpg

今日の訓練は藍理をワンコに慣らすって事でワンコ登場☆
こ、これが・・・・・・・コーギーだった(@@)
朱理藍理は2度コーギーに襲われている(>_<)
1度目の後はコーギーに会っても割りと平気だった。。。
7月に襲われた後、コーギーと訓練所で対面するのは始めて。。。
駄目だった・・・・・・・・・・・・・・(悲)
藍理はまず3声吠えて・・・・・・・怖がってしまって・・・・・・
最後にはその仔がいるから伏せもしない。
もちろん、その仔は良い仔で何もしない。でも藍理は完全に怯えている(>_<)

コーギーの飼い主に言いたい!
自分の仔のしつけをしっかりして欲しいっ!
自分の仔が襲った相手は心に深い傷を負っているって知って欲しい!

コーギーは作業犬で、吠えて噛み付くのが仕事。
これをわかっていなくて飼う人が多すぎる!
(実際3月に噛まれたコーギーの飼い主は70代の人だった。ありえない!)
コーギーの飼い主さん、分かってますかぁ?自分の仔は吠えて噛み付くのが仕事だって!それをしつけ(訓練)で矯正する必要があるのですよ!
もし反論があるのであれば是非コメントをお願いしますっ!

0609012.jpg

もちろん他の犬種(キャバリア)を含めて自分の仔の性格を分かってなくて、しつけをしていない人が多い。
それは分かっている。
でも・・・・・コーギーなどの作業犬は特に強いからキャバリアのビビリィはもうどうにもならない。本当に注意して欲しい。ビビリィの仔を治そうとしている親の気持ちも少しは分かって欲しい。
自分の仔が強くて物怖じしなければ他の仔はどうでも良いのですか?
ちょっと熱く怒ってる私です^^;

● COMMENT FORM ●

あららぁ。。。
またコーギーに襲われたのかと思ったけど、それ以前の
問題でしたねぇ?藍理ちゃんの中でコーギーが
そんなにトラウマになっているとは、かわいそうに(涙)

ココ最近いい感じになってきていただけに悔しい!
2回目に遭遇したコーギーの飼い主!ホント腹立つぅ(怒)

きっと、見た目とか流行とかで飼う犬を決める人が、ほとんどなんじゃないかな~?
例えば大型の犬には、それを制するだけの体力が必要とか…云々、何も考えてない節がある、これって考えすぎかな?
もっと犬という生き物を知ってから飼って欲しい、興味や面白さだけじゃなくてね。。。

はじめまして。ブログ村から日記のタイトルを見て飛んで来ました。
私は、コーギーを飼っています。
日記を読ませて頂いて、仰るとおりだと思います。

我が家は犬を飼うのも初めてだったのにコーギーを飼うことになり、犬種を決めたその日からしつけ教室に通う事は決めていました。
犬を扱う自信も無かったし、何かあってからでは遅いと思ったので。

プロのしつけ教室に通って正解でした。
素人には、ここまでは出来ないと強く感じました。
これからもずっと通って、しつけを続けてゆくつもりです。

コーギーはコンパニオンアニマルでは無いので、その特性にあったしつけをしっかりやって、安全で、安心できる犬にしてゆこうと思います。
それが私にとっても我が家の犬にとっても幸せに暮らすための方法だと思うので。

藍理ちゃん、かわいそうに。。。時間がかかっても、少しでも怖さが薄れますように。
また、非常識な飼い主が増えませんように。。。

レインコート可愛いね!
我が家もコーギーに吼えまくられたことがあって、それ以来アイルはコーギーが大嫌いみたいです。
最初、コーギーを飼おうかなって思ったのですが、キャバにして良かった。

なんた君のところからきました。
うーーーん。あれこれ考えさせられましたが。。。健康でも安全でも自分の犬を守ってやれるのは自分だけです。もちろん飼主の教育が大切ですし、GCTの練習をなさっているのならマナーについても一家言お持ちでしょう。でも、飼主全員がそうではないんです。あと、エントリーではよくわかりませんでしたけど、ボール遊びのとき藍理ちゃんのリードをつけていたんでしょうか?また呼び戻しが9割効く子ですか?
コーギーには、動くものを追いかける習性が確かにあります。
「キャンキャン吠えて逃げた」のはコーギーをますます興奮させます。猟ですもの。
これが本格的な猟犬でなかったことに感謝すべきです。
結局、あなたは自分の犬を落ち着かせることも、自分が守ってやることもできなかった、ということです。

◇ベルママ
そうなんです。
どうやら藍理の中では『コーギー』がトラウマになったようです(悲)
でも!トレーナーも言っていたのですが、例えそこにコーギーがいても平気になってもらわないといけないし、そうなれるよう頑張っていくつもり(ってそれしかないし)

本当に犬種の特性をしっかり理解した上で飼ってほしい。

◇Kazさん
>もっと犬という生き物を知ってから飼って欲しい、興味や面白さだけじゃなくてね。。。
本当ですよね。
キャバはキャバの特性があるし、コーギーにはコーギーのラブにはラブの・・・・・・
特に作業犬は難しい。それを分かった上で飼って欲しいですね・・・・・・

◇なんママさん
はじめまして。カキコありがとうございます。
ちょっと過激に書いてしまって・・・・・^^;
もちろんコーギーの飼い主さんが全て自分の仔の特性を分かってないとは思っていませんん。
中にはなんママさんのように犬種の特性を分かってそれを人間社会に適合できるようしつけ(訓練)を入れて行ってくださる方もいると知っています。
でも・・・・・分からずに飼っている方も多い。

私が言うまでもなく、コーギーはパワフルで頭が良くて運動量が多くて・・・・・・
ちょっとのお散歩ではストレスがたまってしまう。
それを覚悟の上で飼って欲しい。

どうかなんた君が良い仔に育ってくれますよに陰ながら応援してます☆

◇MIRUさん
レインコート、可愛いですか♪
でも可愛いだけで全然役にたたない代物です(爆)

藍理もまだちょっと吠えるので私も気をつけてます。
吠えられるだけで怖くなってしまう仔もいますよね。
今回の藍理の状態を見て、逆の意味でも気をつけないとって改めて思いました。

◇こぎママさん
はじめまして。カキコ、ありがとうございます。
ちょっと過激に書いてしまいましたぁ^^;

>健康でも安全でも自分の犬を守ってやれるのは自分だけです
本当ですよね。だから私も常に周りを気にしているつもりですが・・・・・・ある意味、私のミスですね(>_<)

>これが本格的な猟犬でなかったことに感謝すべきです
この言葉にはちょっとショックを受けました。。。
そしてこういう考え方もあるのかと目からうろこです。
もちろん色々な意見はあると思いますが・・・・・
私は犬を人間社会の中で飼うと言う事は人間社会のルールとマナーを犬に教えていかなければいけないって思っています。
今街の中で狩が行われたらどうなるでしょうか?

>あなたは自分の犬を落ち着かせることも、自分が守ってやることもできなかった
これはその通りだと思います。
藍理は恐怖が先に立ってしまったようです。
そう、私は藍理を守ってやれなかった。
悔しいですね!
みんなが人間社会で暮らしていくルール&マナーを守っていてくれたら・・・・・・
きっと私は藍理を守れたでしょう。でもこれは他力本願なので、私のミスですね(苦笑)

藍理の呼び戻しについては犬に絶対はないですから多分95%くらいでだと思います。

早々にレスありがとうございます。猟犬(爆)すみません、とっさにでてこなかったので。日本犬だった。
うちのほうは23区から江戸川一本越えただけなのに、千葉のど田舎で、秋田とか甲斐など飼っているひとがいて、、、ノーリードで散歩してるんですよね。。。時間間違ったりルートを間違ったりするとおっさんとのそのそ歩いていたり。で、そういう人って何が得意かというと、自分以外に懐かないところがいいって得意になってたりするのです。
あ、でもかかりつけの獣医さんには、ドーベルでシャイな子がきます。怖いです。

さすがに街中で猟が行われた話は聞かないですが、ドッグランでは往々にして猟になってしまう事件があるみたいですね。
被害を受けるのは小型が多いみたいですが。

やはり普通の人が活動する時間のノーリードは危険だと思います。
ちなみにうちの犬はお向かいのキャバリアさんと仲良しです。

獣医さんなどで、犬の社会化やしつけについて啓蒙してくれるといいと思いますが、なかなか難しいようです。意識の低い飼主さんはそんなもんに興味もたないですもんね。

うわ!過激に書かれましたね!(笑)
我が家は、ディスク大会会場で犬ではなく私が見ず知らずのコーギーに噛まれましたよ。
ワタシは、ただ通路を通っただけで、その仔とは目も合わせてないのですが。
(繋がれてるコーギーだったし、背が低いのでワタシの視線に入らなかった)
イキナリ、ガブっと膝に噛み付いてジーパンが破れ、流血し痣は半年消えなかったです。

でもね。そのコーギーは悪くないし、そのこは、自分のテリトリーに侵入してきた敵を攻撃しただけで、悪いことはしていない。

それよか、飼い主ですわね。
それほど権勢本能が強い犬を、通路に届く範囲で繋留してあった。
本来ならケージに入れとくべきです。
ソレが出来なきゃ、連れてくるな!
ワタシも、それをその時、そのコーギーの飼い主に伝えればよかったんですが、syurimamaさんのような勇気がなくて、そのまま「大丈夫です」と済ませてしまいました。

その後、もっと大きな事故を起してるかもしれませんね。

ウチの小太郎はコーギー大好き。
コーギーに少しトラウマなのは飼い主のワタシです。
でも、優しいコーギーも躾の入ったコーギーも沢山知ってるから、やっぱ飼い主ですよね。

早くトラウマがなくなることを祈ってます。

◇こぎママさん
日本犬は難しいですよね。
実家のラッキーは柴に3回も噛まれてます。
(ラッキーはノーリードではなく、普通に散歩をしていたら、すれ違いざまに噛まれました)
猟犬は難しい。それを分かった上で飼うことを決めて欲しい。そして飼った以上しっかりしつけをして、人間社会で生きていけるようにするのが飼い主さんの義務ではないでしょうか?

ドッグランに関しては・・・・<A href="http://www.geocities.jp/sachisyu/saydogrun.htm">こちらを</A>
JKC(含むPD)とテリーライアン系のトレーナーともにドッグランは勧めていませんね。

散歩中にノーリードにするのは反対です。
どんなにしつけが入っていても何が分かるか分からない。車道に飛び出すかもしれないし・・・・・・・・

早く日本もアメリカやヨーロッパのように犬を飼ったら必ずしつけを入れるってなって欲しいものです。

◇ちょびさん
えっ(@@)
ちょびさん、コーギーに噛まれたのですかぁ(>_<)
信じられないぃ!
朱理藍理はコーギーに噛まれたけど(朱理はウエスティにも噛まれてます)私は噛まれたことないですぅ^^;
人を噛む犬なんて公共の場に連れて行く資格がないと思うのですが・・・・・・・
私的にはディスクを教える以前の問題だと思うのですがぁ・・・・・・違いますぅ??????

小太郎君、救助犬以外にディスクもしてるのですね♪知らなかったぁ^^;
アイリちゃんと一緒の大会にも出てるのかしら?????
キャバなのにぃ・・・・・・カッコ良すぎるぅ~♪

そうそう、別にコーギーって言う犬種が悪いわけじゃない。
ただ犬種的にちょっと難しいからその分飼い主さんに頑張って欲しい。それだけ。

実家のラッキーは柴にもゴールデンにも噛まれてます。
ゴールデンはかなり危ないようですよ。。。。。(訓練士さんから聞いた話です)

はじめまして

実は、先日二匹のノーリードのキャバリアに襲われて苦々しい経験をした者です。

毎日のように犬立ち入り禁止の公園の芝生に犬たちを放っている飼い主だったので
警戒していたおかげで大事には至りませんでした。

ガウガウいいながらこちらに猛進してくるのが見えたので、とっさに
ウチの犬を抱き上げました。

なぜだかわかりますか?
そう、ウチの子は柴犬です、猟犬です、(少なくとも攻撃されれば)
「咬みます」よ!キャバリアならば重症を負わせてしまうかもしれません。

たとえ、相手に100%過失があっても怪我をさせたら「加害者」になってしまう。

とっさにそのことが頭をよぎりました。

その後キャバリアの飼い主は謝りもせず、その事を指摘すると「何様のつもり」と
逆に暴言を吐かれ、その日は悔しさで眠れませんでした。

・・・本当に日本犬は「難しいんです」、だからしつけも訓練も頑張っています。
当然ですよね。柴が好きで飼っちゃったんですもの。後悔もしましたけど。

ウチは大丈夫って内心思っているところもありますが、気を緩めたことはありません。
今回のようなことが少なくありませんから。

極端にとらせてもらえば
あの犬種での「事故」はあり得ない、あの犬種だから「事故」が起こって当然
だから「~犬種」はしつけを頑張れ・・・

お詳しいのはわかりますが、そこまで犬種をあげて記載する必要があるのか
と感じてしまう記事もありますよ。

ご自分でも「飼い主の問題」と仰ってるじゃありませんんか?

・・・個人的には「柴は・・・咬む」というようなコメントを見るたび傷つきます。
分かっているなら、そこまで言うなら、咬まれないよう自衛策をとって欲しい
と言いたくなるときがあります。

もしこのコメント見てsyurimamaさんが不快に思われたのなら、お互い様として
スルーして下さい。

初めまして。。
タイトルに引き寄せらて こちらにお邪魔しました。
我が家にも2歳のコーギー(♀)がおります。
1歳までは自己流ですがシツケはきちんとしてきたつもりです。その後ドッグスポーツをやりたくて基礎となるオビディエンスを始めました。
私が通っている訓練所に「手に負えなくなったから」と預かり訓練に来るワンコで一番多いのがコーギーなんだそうです。悲しい事実です・・・
ワンコが好きならワンコのことをもっと知ってほしいです。犬種の特性、性格、そして最低限のシツケ・・・

実はうちの子もドッグランでコーギーに3度襲われています。3度目は襲ってくるのが見えたので急いで抱きかかえ 私の足元でギャンギャン吠えまくるコーギーを 同じコギ飼いながらも本当に「怖い」と思いました。これがチワワやヨーキーなどの小型ワンコなら私の中でも「威勢がいい困ったちゃんだねぇ」で済んだと思いますが 見た目は体高の低さから小型と思われがちな 中型犬のコーギー、、しかもsyurimamaさんがお書きになられているように「吠えて噛むのが仕事」の犬種ですからね。。本当に恐怖を味わいました。当の飼い主さんは「相性が悪かった、犬同士だし、、仕方ない」のひとことだけでした。
それ以来 私はドッグランには行ってません。
色んな犬種が集まり 全ての飼い主さんが「良い飼い主」とは限らない場所で 我が子を守ることは出来ないと思ったからです。
それは同時に 我が子だって100%、良い子で常にフレンドリィに遊べるという「絶対の自信」もないからです。

訓練が進むと その思いは更に強くなってきています。我が子と私との絆、信頼関係が強くなればなるほど、一つの群れとして私達家族を捉え、他のワンコ=違う群れ と仲良くする、、ということは 本来の犬の習性には無いものだからでは・・と思っています。
でも人間社会の中でペットとして過ごす上で 人には当然ですが、やはり他のワンコにも攻撃したり牙を向けたりしては絶対にいけないと教えなくてはダメだと思っています。

お散歩でノーリードは条例違反ですよね!
うちの子は大丈夫、、は理由になりませんよ。

どうかコーギー怖い!のトラウマが早く改善されますように。。。
1コギ飼いとして申し訳なく感じてしまいました。。。

◇柴犬飼い主さん
はじめまして。カキコ、ありがとうございます。

キャバリアに襲われたのですか・・・・・・
同じ犬種の飼い主として申し訳なく思います。
知ってる仔で噛んでしまうキャバがいますし、藍理も犬が怖くて吠えて威嚇してしまいます。それにマーキングをしても知らん振りの飼い主もいます。
おっしゃるように問題は飼い主にあると思います。

>あの犬種での「事故」はあり得ない、あの犬種だから「事故」が起こって当然
だから「~犬種」はしつけを頑張れ・・・
犬種で事故がありえないとは思っていません。上でも書きましたが、噛むキャバも知っていますし、藍理は吠えてしまいます。
でも・・・・・・・・それを承知の上で・・・・・
ブリーダーさんから聞いた話です。
キャバリアのパピーとMシュナウザーのパピーを遊ばせていたそうです。月齢は同じ。
甘噛をして遊んでいたら・・・・・・キャバリアのパピーは怪我をして病院に連れて行ったそうです。
これが犬種の違いではないでしょうか。
性質だけでなく身体の構造自体も違っています。それを理解して犬を選んでしつけをきっちりしていただきたいと思っています。

いくら自衛策をとっても噛まれてしまう時はあるのです。
わたしが最初にコーギーに襲われた時、私は朱理藍理と普通に歩いていて・・・・・
コーギーが前からノーリードで襲ってきました。二人を守るのが精一杯。
どうやって自衛したらいいですか?

柴犬のよさもコーギーのよさもあると思います。
ただ、その良さを殺さずにこの人間社会に適応するためにしつけをして欲しい。
それはキャバリアだって同じだと思います。
柴犬飼い主さんの仔が良い仔になるようお祈りしております。

話は全く違いますが・・・・・・・・
ハンドルネームもサイトもメルアドも隠してのカキコはルール違反のような気がしますがどうでしょうか?

◇めぐみんさん
はじめまして。カキコ、ありがとうございます。
結構過激に書いたのに・・・・・・とても嬉しいです^^

>ワンコが好きならワンコのことをもっと知ってほしいです。犬種の特性、性格、そして最低限のシツケ・・・
本当にそう思います。
犬種によって本当に違うので犬種をよく理解したうえで飼って欲しいですね。

そうですか、訓練所に手に負えなくて来るのはコーギーですか・・・・・・
コーギーは本当にパワフルだからこんなはずじゃなかったって方が多いのでしょうね。
でも訓練所に訓練をお願いする方は比較的良い飼い主さんではないかしら・・・・・・?

コーギーがコーギーに3度も襲われているのですか(@@)
ちょっとびっくりです。
本当に飼い主さん次第ですよね。。。
私はラブの飼い主さんにしつけ教室で威嚇されて「小型犬はちょろちょろするからね!」って言われたことがあります。
その時は藍理だったのですが、ただそのラブの隣に何も言わずお座りをしていただけでした。
結局飼い主さん次第なんですよね(悲)
でもその犬種が悪く言われてしまう。(って私もちょっと言ってますけど^^;)

>でも人間社会の中でペットとして過ごす上で 人には当然ですが、やはり他のワンコにも攻撃したり牙を向けたりしては絶対にいけないと教えなくてはダメだと思っています
これにも本当に同感です。
ワンコを人間社会に溶け込ます。
これが飼い主の責務だと思います。

これから藍理はコーギーを好き(とは無理かな?)になるように訓練を頑張って行きます。

余談になりますが・・・・・・・・・・
私が過激に書いた事で色々な犬種の飼い主さんがカキコをしてくださって本当に嬉しいです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すみません・・・
↑の書き込みを非公開にしてしまいました^^ヾ
もし、管理人様のほうで“公開”にすることが出来ましたら、宜しくお願い致しますm(__)m
初カキコなのに、ご迷惑をお掛けしてすみません。

◇きんじさん
はじめまして。カキコありがとうございます♪

カキコのレスはおいておいて・・・・・・・
今やってみたのですが、公開出来ないのでコピーでお許しくださいませ~m(__)m

きんじさんの書き込みいただいたものです
大変重要な情報も含まれています。
色々な犬種の飼い主さんに是非読んでいただきたいです!

はじめまして。
バロンパパさんのBBSから飛んできたら、コーギーに襲われた・・・!
というタイトルが目に入り、一通りコメントを拝見させて頂きました。
私も2匹のコーギー(♀)と暮らしています。
syurimamaさんの仰るとおり、作業犬として作られたコーギーは吠えて追いかける本能を持っています。
しかし、ここ5年ほど日本で繁殖されているコーギーの性質に変化が出ています。
というのは・・・名古屋のとある有名な犬舎でブリーディングされているコーギーの性質が異常なのです。
ある種犬の遺伝子を持つ仔はかなり高い確率で、躾の入らない凶暴な個体になっているという事実があります。
悪徳なブリーダーに対し、コーギークラブやトレーナー協会からもクレームを入れましたが、未だに繁殖を続けSHOWにも出ています。
そして、その犬舎から出た子犬は格安でNETで取引されたり、大手ペットショップにも卸されています。
もし、朱理ちゃん藍理ちゃんに襲い掛かったコーギーがその血縁であったら・・・と思う
と複雑な気持ちになりカキコさせて頂きました。
もちろん、襲ったコギの飼い主が悪いのは当然です。
でも、性質や血縁、遺伝子疾患を無視して繰り返される繁殖の産物でもあり、簡単に犬を買うことができるペットビジネス界全体の問題なのかもしれません。
なんだか、複雑な内容になってしまいました^^ヾ

コギママさんのコメントに「これが本格的な猟犬でなかったことに感謝すべきです」
とありますが、
ウチの仔は2匹のドーベルマンに襲い掛かられ大事故になりかけたことがあります。
そのドーベルマンの飼い主はなんと、ドッグトレーナーで警察犬訓練師でもある人です。
犬仲間同士、公園で楽しく遊んでいた所に参入して来て
突然標的を定めた!といった感じで襲ってきました。
ノーリードで遊んでいた私も悪いのですが、その時はとてもショックでした。
勿論、以来ウチの仔もドーベルマンは苦手です。

長いカキコになってしまってすみませんでした。
藍理ちゃんのコギ嫌いを無理に克服する必要はないと思います。
少しでもストレスの無い楽しい生活を共にされることを願ってます。

失礼致しましたm(^^)m

◇きんじさん
改めまして・・・・・・・
はじめまして♪
カキコ、ありがとうございます。と~っても嬉しいです☆

しかし・・・・・・
>ある種犬の遺伝子を持つ仔はかなり高い確率で、躾の入らない凶暴な個体になっているという事実があります
これにはびっくりしました。
色々な犬種で先天性異常を持った仔(肉体的に)の話は知っていましたが・・・・・・
性格上、凶暴な仔ばかりになってしまったらって考えると恐ろしいです。
これはコーギーだけではなく、他の犬種全てに言えますよね。
どうしてそんなブリーディングをするのでしょう・・・・・・・(悲)

ペットショップ・・・・・色々問題ありですよね。もちろん中には良心的なところもあると思いますが・・・・・・・
こんなところにも拝金主義がはびこっているのでしょうか・・・・・・・(悲)

>そのドーベルマンの飼い主はなんと、ドッグトレーナーで警察犬訓練師でもある人です。
これもびっくり(@@)
私も長く訓練をしていて・・・・・・
確かに色々な訓練士(お偉い人を含めて)いますから・・・・・
それにしても教える立場の人がぁ(>_<)
言葉がないです!
でっ、ワンちゃんときんじさんにお怪我はなかったのですか?

>少しでもストレスの無い楽しい生活を共にされることを願ってます。
ありがとうございます。
藍理はもともと犬が怖くて苦手。
ストレスがないように犬に少しでも慣れてくれたらって飼い主は思っています。

貴重な情報をありがとうございました。

syurimamaさん、こんばんは★
コピペして頂いて有難うございましたm(^^)m
最初からドジってしまってお恥ずかしいです(^^ヾ

最近ではJKCも血統について真剣に考えるようになって来ましたが、
繁殖におけるトラブルは増える一方です。
それと同時に捨てられる犬、殺処分される犬が増えているのも事実ですね。

英国王室で昔からコンパニオンドッグとしてコーギーが飼われているのはご存知かと思います。
元来コーギーは飼い主に忠実で賢く優しい気質の犬です。
エリザベス女王もコーギー専用犬舎を持つほど、コーギーのブリーディングに力を注いでいます。
そんなコーギーの祖国を歩いても、ショーウィンドウで犬を展示販売するお店は一度も見かけたことがありません。
機会があり、英国でコーギーのブリーダーさんと話をした際、
その疑問をぶつけたら、「直接引き取りに来てくれる人にしか譲らない」と言っていました。
それが当然なのかもしれません。
日本は「吠えてうるさいから・・・トイレを覚えないから・・・返品します」って
普通にクレームを付けて来ます。
だから、躾の出来ていない犬が多くなっているのでしょう。
我が家も偉そうなこと言える程の躾がなっているか・・・
と言われたら、そうではありません。
でも、コーギーが人や犬を襲ったというニュースは悲しいですし、同じ飼い主として罪悪感を覚えます。
「living with dogs」と言うサイトの主宰マルコ・ブルーノさんは
「日本の犬は目が死んでいる・・・それは日本人の飼い方のせいだ」といつも嘆いています。
勿論、素晴らしい飼い主さんは沢山いらっしゃいます。
でも、急増するペットと一緒にペットのことを知らなすぎる飼い主が増えていることも悲しい事実です。
可愛そうなペットを増やさない為にはどうしたら良いのか・・・
大きな課題ですね。

ドーベルマンの飼い主は埼玉で有名な某ドッグスクールから独立した方です。
幸いにも私も犬も大した怪我はありませんでしたが、
その方のトレーニングを受けていたコーギーがトレーニング中に例のドーベルマンに襲われ怪我をしました!
勿論、前納していたトレーニング費用は返金してもらい、慰謝料も貰ったそうです。
お手本を見せるはずのドーベルマンが襲うなんて有り得ない話しですよね!
でも、決してその訓練師は謝らないんです!
勿論我が家にも謝罪なしです(笑)
最近、姿も噂も全く見ず・聞かず・・ですけどね。

またまた、長くなってしまってすみません^^ヾ

syurimamaさんの熱いコメントから色んなご意見を拝見することが出来、
私も勉強になりました。
また、時々お邪魔させて頂きます。

◇きんじさん
キャバリアの故郷でもあるイギリスではペットショップはないですよね。
ある雑誌に書いてあったのですが・・・・・
ブリーダーがお客さんをある種選ぶ。つまりこの人には譲っても良いけどあの人には譲らないってね。
自分が育てた犬がきちんと暮らしていけるだけのものを新しい飼い主さんに提供してもらえるか・・・・・大事ですよね。これが犬を「モノ」ではなく「命」としてみてる証拠かも・・・・・・
これも聞いた複数のブリーダーから聞いたことですが、イギリスは日本に犬を輸出したがらない。理由は日本でのペットの扱いが酷いから。日本はペット後進国ですよね(悲)

コーギーもラブなどもSHOW用と狩用に分かれてますよね。
日本にいる仔達は狩用ではないですよね?
その辺の血統も知りたいですね。

片方では犬を流行ってるって言っては買い(飼い)片方ではいらないからって捨てたり殺処分にしてしまう・・・・・・
命として扱っていないですね。。。。。
私の前の仔は捨てられていたところをsyuripapaが連れて帰って来ました。悲しい事実です。

ドーベルマンの訓練士・・・・・○ール○ッ○セ○○ですかね・・・・・・?
その訓練士は人間的にもおかしいですよね。
訓練は犬にするだけのものじゃないから無理ですよね。。。。。。。
訓練士さんもいろいろいますね^^;

本当に私が過激に書いた事で色々な方のご意見を知ることが出来て、私こそ有意義でした。。。。。。

また是非!遊びに来てくださいませ~
今度はPHOTOBBSにワンちゃんを連れてきてくださいませ~^^

きんじさん発見だぁー!(笑)
そー言えば、権勢症候群で悩んでいろいろ調べたり聞いたりした時に、ある特定の犬種は血筋によるもので、矯正できない性格の仔がいる。という情報をとあるお方から聞きました。
その時、ネットサーフィンしてても権勢とかアルファとか言うキーワードでヒットするサイトの殆どがコーギーだったので、「ある特定の犬種とはコーギー?」と思ってました。

シェパとコーギーのSHOWの基準が同じかどうか解りませんが、思い当たる話を書きます。
シェパの場合だと「今にも動物を襲いそうな気迫のある犬」が高得点となるらしく、日本のブリーダーは安易に実際素人には扱えないような激しい気質の犬同士をかけるらしいです。
そうすれが、ショーで勝てて自分の繁殖犬が高額で取引されるわけですもんね。
だから、ショー系のブリーダーの犬は、訓練系よりも危険。。。ととあるその世界を知ってる人から伺いました。
一般的には、ショー系はおっとし、訓練系はキツイ・・・そういうイメージありますよね。でも逆だったんです。
欧米ですと、訓練競技会でもある程度の成績を残さないとショーには出れないらしく、性格もきちんと審査の対象になってるらしいので、そういう危険な繁殖はしないのだそうです。

コーギーも猟犬としての見栄えが採点の対象になるなら、シェパと同じような繁殖されてもおかしくないですよね。

JKCのシステムに問題あり?そしてペットの流通システムに問題あり?
素人の手に負えない犬をペットショップで売るな!~

って、新しいエントリーでこの話題にピリオド打ってくださったのに、新しいレスつけてすみませんでした!

◇ちょびさん
ちょびさんはシェパのショーを見たことありますか?
あれは異常ですよ(>_<)
1回競技会と同じ会場で酷い目にあったのですが・・・・・・・・(>_<)
普通のショーとは全然違い、シェパにリードを引かせて勢いが良い方(引き方が良い?)が良いみたいで・・・・・・・
その上、掛け声が凄い(@@)
一般のショーとは全く別物でした。
あれを見る限り、ちょびさんが言う「気迫のありそうな犬」が良いって本当だと思う。
でもコーギーは普通のショーでしょ???

危険性の高い仔の交配は本当に止めて欲しいですよね!

ペットショップもブリーダーももう少し命を扱っているって認識を持って欲しい・・・・・・

>って、新しいエントリーでこの話題にピリオド打ってくださったのに、新しいレスつけてすみませんでした!
全然OKですよ~☆
コメントをしたい記事にしてもらえれば嬉しいですぅ~^^

★syurimamaさん★ こんにちは♪
★ちょびさん★ 見つかってしまいましたね(笑)
最近色んなところに出没しています。きんじ出没注意です(笑)


EURでは国によって異なりますが、犬を飼うにあたって様々な条件をクリアしないと飼えない決まりになっています。それに、税金もとても高いです。
その分、犬達にとってはとても生活し易い環境が整っていると言えます。
根本からペットに対する扱いが違うのかも知れませんね。
日本の悪いペットビジネスの風潮は台湾や韓国、香港へと広まりつつあります。
ビジネス社会を変えるのは容易ではありませんが、ペットショップで犬を飼わないなど・・・消費者も出来ることがあるのではないかと思います。

>日本にいる仔達は狩用ではないですよね?
母国イギリスでもコーギーを狩には使いません。
牛追い犬として作られた犬ですが、現在ではその作業をしているコーギーも稀です。
勿論、作業犬として活躍しているコーギーも居ますが、その多くはペンブロークではなくカーディガン(尻尾のあるコーギー)です。
そして、日本に入ってきているコーギーの多くはアメリカ系です。
ただ、ちょびさんの仰っているようにアルファ症状が出ているのは血統証に日本生まれの先祖しか載っていない、純国産に近いコーギーがほとんどなんです。
国内繁殖により、コーギーのスタンダードを満たす個体が本当に少なくなってきています。
それはどの犬種にも言えることだと思います。


語りだすと更に長くなります、
いつかお会いすることがありましたらじっくり語りあいたいですね♪


◇きんじさん
>根本からペットに対する扱いが違うのかも知れませんね。
イギリス初めとしての狩猟民族と農耕民族における犬の地位の違いですね。それがそのままペットとしても出ている気がします。

キャバもイギリスの仔は極端に少ないです。
ほとんどはオーストラリアです。
コーギーはアメリカ。ラブもアメリカですよね。。。。
純血種におけるスタンダードをもう一度考え直す必要がある気がします。

>国内繁殖により、コーギーのスタンダードを満たす個体が本当に少なくなってきています。
これは本当ですよね。
キャバも固体によっては「この仔キャバ?」って思ってしまうような仔もいますし・・・・・・

ブリーダーはスタンダードを守るって事も考えていただきたいし、一般の方もスタンダードとは何かって考えて欲しいですね。。。。。

>いつかお会いすることがありましたらじっくり語りあいたいですね♪
そう思っていただいて光栄ですし、是非その機会が来ることを願っています☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syuriairi.blog6.fc2.com/tb.php/372-55816a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

後何回・・・・・・? «  | BLOG TOP |  » アクアフェリーチェ

プロフィール

syurimama

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にほんブログ村 犬ブログへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック(記事毎)+

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

ブログ内検索

RSSフィード

いくつになったの?